【動画】屋内での膝の運動 

大阪市鶴見区/波鍼灸整体院

雨天や真夏日の中、寒い日には屋外での運動はおこない辛いものです。

ましてや年齢を重ねられた方にはこたえます。

 

年齢的な問題だけでなく、 ケガのリハビリでも、重症の場合屋外での運動はしにくいものです。

 

また、妊娠中で体調や、安定期までの期間により

 運動が制限される方も居られますが

 

 

屋外での運動ができない時は、室内で出来る運動で

体力を落とさないように心がけましょう。

 

室内での運動法を紹介しています。

屋内での運動は下半身を中心に

屋内での運動は下半身を中心におこなってください。

 

 

脚の筋肉を動かす利点は3つ

 

1. むくみや、静脈の循環を促す働きがある

 

2. 転倒予防:脚力が落ちると身体を支えきれなくなります

 

3. 胃腸が動き、消化吸収を助けます。

 

屋外、室内に限らず腕よりも下肢の運動を優先してください。

 

膝の変形の有無で運動メニューを変えましょう

もし、膝に変形がある方、もしくはお知り合いの方に膝の変形があれば

 

痛みをおこさない程度の運動量にすることは当然ですが、運動メニューも

 

変形を悪化させないメニューに変えるようお伝えください。

 

下肢にケガをされた方も負傷部位に負担をかけることないメニューを選んでください。

 

 

 

 

2種類の筋肉運動

大きく分けると2種の筋肉運動があります。

 

等張性筋活動(等張性収縮) 骨格筋が長さを変えながら力入れる

                    関節も動きます。

 

 

等尺性筋活動(等尺性収縮) 骨格筋の長さを変えずに力を入れる

                    関節に動きはない。

 

 

この他にも筋肉の働く速さで分類をすることもあります。

 

等速性筋活動 筋肉を動かすリズム(速さ)が一定の筋肉運動

 

 

 

膝を初め関節に変形がある方は等尺性筋活動をおこなってください。

 

膝関節を動かす室内運動(等張性筋運動)

室内での筋トレ 大阪市鶴見区波鍼灸整体院

1. イスに腰掛けて脚を伸ばします。

 

2. ゆっくりと膝を曲げてください。(膝に痛みがある方は痛くない範囲で)

 

3. 曲げた膝をさらに曲げてください。(この時太ももの裏にある筋肉が硬くなっていること)

 

4. 膝を曲げ8~10秒程ほど曲げ続けてください。

 

5. 8~10秒経ったらゆっくり力を抜いて一息ついてから、 (1)~(5) の動作を繰り返す。

 

※疲れない程度に1日数回に分けておこなってください。

 

 

膝関節を動かさない室内運動(等尺性筋運動)

室内での筋トレ 大阪市鶴見区波鍼灸整体院
室内での筋トレ 大阪市鶴見区波鍼灸整体院

膝や関節に変形や痛みが強い方向けの運動です。

 

 

1. タオルや座布団を適度な大きさにして膝の裏にしきます。

 

2. (1)でしいたものを、膝裏でベットや床、畳等に8~10秒ほど押しつけます。

 

3. 内ももに力が入っている事を確認してください。

 

4. (1)~(3)の動作を数回繰り返してください。

 

※疲れない程度に1日数回おこなってください。

動画による詳しい説明 4:35

 

 

治療のご予約は

はい、波nami鍼灸整体院です と出ますので

 

お名前
お困りの症状

治療希望の日時
をお申し出てください。

 

06 7493 4428

コメント: 0