逆流性食道炎の養生法

胸やけ、胃酸が逆流してくる、胸がつかえる、せき

飲食で口に入れたものは消化吸収されて

数日後には便となるのが本来の流れですが

 

胃酸と消化酵素が胃から食道に逆流した結果

食道に炎症がおこり痛みが生じる。 

 

症状

 

・胸やけ

・呑酸(どんさん) 口、喉に胃液・胃の内容物が逆流してくる

・逆流で食道に炎症が起こると出血することもある

(メルクマニュアル家庭版 日経BP社より)

 

その他に咳も出やすくなります。

 

 

 

胃の内容物や胃酸を逆流させない仕組み

下部食道括約部:食道の下部にあり食べたものが通る時以外は閉じている。

 

食道裂孔:横隔膜に食道を通す孔。食裂孔も食道下部を閉めています。

 

胃のヒス角:胃の構造も逆流しにくい構造をしています。

 

食道の蠕動運動:食道自体が口から胃へ送り出す運動をしている。

 

 

 

これらの構造と機能が食べたものを口から胃にそして腸へ送りだしています。

 

この機能が上手く働かない状態の時、この機能以上の腹圧にさらされた時に

胃酸や内容物が逆流するのです。

 

 

逆流性食道炎になりやすい人

【高齢】

食道が持つ逆流防止機能の低下

胃の動きが緩やかになり、胃から小腸に送り出す力が弱まり

胃酸が停滞しやすくなる。

 

【背中が曲がっている】

背中が曲がっていると腹圧が高まり、胃から食道方向への圧力が高まる

 

 

【痩せた体型】

胃下垂で太れない方や痩せて筋力も弱い方は

胃腸内のものを送り出す働きも弱いと考えられています。

 

【胃の手術後】

手術内容によっては胃酸や内容物が逆流しやすい状況になる事も

あるようです。

 

 

 

自宅でできる養生法(1) 高齢の方、ケガなどで背中が伸びない、猫背の方

高齢の方、ケガなどで背中が伸びず、逆流性食道炎の症状がある方は

就寝時状態を少しだけ高くしてお休みいただくのも物理的な逆流防止になります。

 

背中が伸びない=猫背

猫背の方があお向けに寝ると、床からの「胃の高さ」よりも頭の方低くなります

食道も胃より低くなるので寝ている間に逆流することを防ぐ方法。

 

ご本人の好みの高さで先ず睡眠しやすい高さにしてください

枕やタオルで首の位置など微調整すると良いでしょう。

 

あお向けだけでなく横になった時ようの枕等も用意されるといいと思います。

 

 

 

自宅でできる養生法(2)食後すぐ横にならない

食後は胃酸の分泌量も増えるので逆流してくる可能性も高くなります。

 

食後はしばらく座位で過ごしてください。

 

 

自宅でできる養生法(3) 食事の量と質の管理

 

「食事の量と質の管理」というととても嫌な気がします。

 

一度に沢山食べると胃酸も大量に分泌されることが考えられます

 

量が多いと逆流してくる可能性も胃酸や内容物の量も増えるので

 

負担を軽くするため、

回数を増やし、1回の食事量を管理するという方法もあります。

 

 

また胃酸が文血しやすい食べ物

 

チョコレート

脂っこいもの

かんきつ類

コーヒー

アルコール

などは控えるか上手くコントロールしてください。

自宅でできる養生法(4) お腹はゆったり

胃の入り口が緩くなって逆流しやすくなっています。

 

下腹、胃の下部から圧力があると当然胃の内容物は

圧力に対する力が緩くなった胃の入り口に向かいます。

 

しゃがみこんでおこなう作業やガードル等の下着・腰のコルセットの強さや

固定する位置にはご注意ください。

 

猫背の方もお腹(胃の辺り)を圧迫しているので

 

姿勢にもご注意ください。

 


当院では姿勢改善と胃腸の機能を助ける治療法で

早期の症状緩和を目指しています。

 

 

 

 

 

06-7493-428