膝に水が溜まっている? 自分でできる検査法

膝の構造 大阪市鶴見区波鍼灸整体院

簡単な膝について説明しますと。

 

膝周囲の骨は4個あります。

 

1.太ももの骨

2.弁慶の泣き所がある むこうすね

3.膝の外側にある腓骨

4.お皿

お皿は自由に動きます。

 

 

 

 

膝は大きく曲がる関節なので不安定な関節

 

不安定な関節を筋肉と靱帯(じんたい)で支えています。

 

この図ではピンクと赤色が代表的な筋肉です。

 

青い所は太ももの外側に有る長い靱帯(じんたい)で

 

緑のところに

・内側則副靱帯(ないそくそくふくじんたい)

・外側則副靱帯(がいそくそくふくじんたい)

という短い靱帯(じんたい)があります。

 

膝の関節の中には十字靱帯(じゅうじじんたい)

 

といいうスポーツニュースで良く耳にする靱帯もあります。

 

膝蓋跳動 膝に水が溜まっているかの検査法

膝に水が溜まっているかどうかの判断は

 

膝蓋跳動(しつがいちょうどう)という検査法チェックします。

 

脚を伸ばして太ももから膝の皿を脚先に向けて軽く押して

 

お皿を安定させます。

 

お皿を押さえたまま別の手で足先側からお皿を押さえます。

 

水が溜まっていると、お皿が不安定になり浮いた感じで動きます。

 

 

水が溜まっていると普段よりも、浮いた感じになります。

今、膝が痛くない方はご自身の膝を触ってみてください。

 

筋肉質の方は重い感じでしょうし

豊かな膝周りの方は軟らかい感じだと思います。

身がしまった方は硬く感じることが多いと思います。

今膝が痛い方は、痛くない側若しくは痛くない方の膝でチェックしてみてください。

 

ここからチェック法です

膝の浮いた感じの再現を試みました。

 

ポリ袋(柔らかめの方がいいです)に水道水を入れます。

 

この時空気はできるだけ入れないように口を縛る。

 

注:輪ゴムでも可 水をこぼさないようにしっかり締めてください。

 

 

 

膝の上に乗せて片手を軽く添える

 

冬場は水が冷たいので人肌に温めてください。

 

袋に軽く添えた手の上からゆっくり押す。

 

沢山膝に水が溜まっている場合は

 

このくらいお皿が浮いた感じがします。

 

 

 

腫れている時はもっと硬く、パンパンになっているので

脚が悪くなった方はお解りになると思います。

未だ膝に水が溜まったことのない方はこの感じを覚えておかれると良いでしょう。

お風呂でチェックしてもいいですね。

 

 


ご注意 今回ご紹介したチェック法は早期の膝治療の目安の為で、 

 

まだ大丈夫!と誤った判断をされませんようお願いします。

 

もうひとつ

 

膝の水は悪いものではありません

 

膝の衝撃を和らげたり栄養を送ったりとても大切な役割を持っています。

膝関節内に出血がある場合とか腫れがひどくて痛い場合は

水を抜いて包帯などで固定しておかないと、何度も水を抜かないといけません。

 

膝痛みに関して詳しく説明しています。

 

何度も膝の水を抜いてきた方や膝痛でお困りの方は一読してみてください。

 

 関連記事

膝痛の前兆

膝は消耗品

膝に水が溜まっている? 自分でできる検査法

【video】楽なイスからの立ち上がり方

【video】屋内での膝の運動

 

 

 

追伸

どこに通っても良くならない膝痛でお困りの方は

無料相談もご利用ください。

 

脚の健康無料相談

 

                      大阪市鶴見区  波nami鍼灸整体院


完全予約制です

診療時間

10:00~20:00

金曜午後休診

不定休

治療をお考えの方はこのページから

お申込みが可能です。

24H対応

メールによるお申込み先



山本さまのご質問への回答

山本さま、ご質問ありがとうございます。

 

波鍼灸整体院 梨本光久です。

 

山本さまの膝の状態をみていないので的確なおこたえができないのですが、状況から判断させていただいた対処法をお伝え致します。

 

>水がたまる原因は炎症らしいので 時々湿布したりしています。

 

冷湿布は3~4時間で、冷やす効果がなくなり湿布自体が保温するようになるので、3時間を目安にに交換してください。

体の表面はヒンヤリしますが炎症まで効果があるかは疑わしいので湿布よりもサポーターなどで関節を安定させたほうがよいと思います。

 

>今も痛みはまったくありませんし、腫れた状態も気づいた時と変わっておりません。

痛みがない状態なら、これ以上の進行を防ぐためにもサポーター(スポーツ用が動きやすくて関節が安定し易いので)をおすすめします。

 

>水がなくなり腫れが引く事はないのでしょうか。

関節の水に関しては、新しいホームページの記事を参考にしてください。

 

 

>自分でできる対処法がありましたら 教えていただけませんでしょうか。
動画で説明いたしましたので参考にしてください。

 

動画で紹介しました、運動のしすぎにはご注意ください。

 

直接返信できないので、もし何か変化がありましたら書き込んでくださいね。

 

 

波鍼灸整体院 梨本光久

 

セルフケア|膝の水を抜く方法

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    山本悦子 (水曜日, 28 9月 2016 14:50)

    膝に水が溜まった事につきましてご相談致します。
    ふとした時に、膝がブヨブヨして 膨れているのに気づき、痛みはまったくありませんでしたが病院に行きました。
    少量の水がたまっているとの事、水を抜いても抜かなくても、の程度との事でしたので
    抜かず、何も処置はしていません。(1週間ほど前の出来事です)
    ブヨブヨしている所は熱をもっている様子はありませんが、
    水がたまる原因は炎症らしいので 時々湿布したりしています。
    それが良いのか悪いのかがわかっていません。
    今も痛みはまったくありませんし、腫れた状態も気づいた時と変わっておりません。
    水がなくなり腫れが引く事はないのでしょうか。
    自分でできる対処法がありましたら 教えていただけませんでしょうか。
    宜しくお願い致します。




  • #2

    山本悦子 (金曜日, 30 9月 2016 08:11)

    私の質問に対して 大変詳しくご指導下さいましてありがとうございます。
    動画を参考にして試しております。

    しばらく立っていたり歩いたりした後は、膝の腫れが最初の大きさくらいですが
    足を休めた後は、膨らみが少し小さくなる気がします。

    仰向けで自転車こぎの運動をしたり、軽いストレッチをしたりしながら
    様子をみるようにいたします。

    変化がありましたら又質問させていただきたいと思います。
    ありがとうございました。