院内便りができるまで

当院では現在、月に2回、院内便りを

作成しています。

 

その時期に合った食材の豆知識や、

その食材を使った簡単なレシピを載せて

患者さんにお渡しします。

 

本やインターネットなどで調べて書くので、

私達もとても勉強になります。

 

※ 続きはタイトルをクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

レシピも本当に簡単にできるものを載せていて

 

実際に私も、家で作って

家族に試食してもらっています。

 

我が家ではけっこう評判がいいんですよ。

 

 

写真は、院長が実際にレシピ通り作った半熟卵です。

 

                 今回のレシピは、火力がポイントで

                 火が強すぎると焦げてしまったり、

                 弱すぎると固まらなかったりして

                 失敗してしまった方もいたようです。

 

                 院長も最初は失敗してしまったそうです。

 

 

 

 

 

 

院内便りは患者さんにも喜んでいただいている

ようで、

 

「毎回楽しみに読ませてもらってます。」や、

「この前の料理作ってみました。」などの

声をいただくと、とても嬉しくなります。

 

これからも患者さんに喜んでもらえるような

院内便りにしていこうと思います。

 

 

ちなみに今回の2月1日号では、

節分で残った炒り大豆を使ったレシピを

載せていますので

 

お楽しみに!!