次のステップへ

 

まずは、マッサージをする時の流れやツボの位置を覚えました。

そして次の段階へ進みます。

 

今度は、そのツボの刺激の仕方です。

 

 

 

反応が出やすいポイントはだんだんわかってきました。

そのポイントをただ押すのではなく、

 

 

「どの角度で、どのくらいの強さで押すのか」

 

が重要だとわかりました。

 

 

たとえポイントのツボがあっていたとしても

角度や深さが違えば、治療効果はあまり上がりません。

 

患者さんが、マッサージを受けていて、

心地よいと感じる刺激を与えることが大事になります。

 

その為には自分の指で、コリの硬さや深さがわかることが必要です。

なので、身体全体を使った押し方、

指は、感じるセンサーであることを学びました。

 

 

指の感覚(指頭感覚)を鍛えることで、

身体の反応が解り、鍼の手技にもつながっていくので、

マッサージの手技も、しっかりマスターしていこうと思います。

 

 

橋本