【親子で脊椎側弯症と言われ手術を決断する前にしてほしい たった3分でできること】側彎症の改善法は手術と装具固定しか選べないのか?

こんにちは、検査で異常がない、薬も効かないツライ症状改善を得意としている放出の鍼灸整体院 なしもと みつひさです。


親子で脊椎側弯症と診断され自分が悪いと悩んでいる。

脊椎側彎症で装具か手術を医師から勧められて思っていたより、重大なことにどう対処してよいか困っていませんか?


手術や装具を選ぶ前にしてほしいたった3分でできることを紹介します。

「なぜ」この3分でシンプルなチェックを紹介するのかというと医師から勧められている「装具や手術をしなくてよい」可能性を見つけることができるかもしれないからです。


現在MSDが提供され1980年代には世界12種類以上の言語に翻訳されたメルクマニュアルによると

脊柱側弯症とは脊柱が異常に曲がる病気で、、、


続きを読む 0 コメント

【うれしい便りです】顔のシワと肌のたるみを改善する前にやっておくべきこと

顔のシワと無縁な10代
そんな20年以上前ジャニーズ系という言葉が流行って
しょう油系とかソース系とか男子の顔が分類されていました。

私も、そういう評価では、しょう油系で、昔は痩せていたので

少数集団のなかでは という条件つきですが

ジャーニーズ系とかなんとかw




続きを読む 0 コメント

【冷え性対策】は首を絞める

冷え症対策は五本指靴下と首が着くところを冷やさない 大阪市鶴見区なみ鍼灸整体院

冷え性対策は寒くなる前から行ってください。
冬も寒さ対策は秋から、夏のクーラーの冷え対策は
春からが効果的です。


冷え性対策もいろいろありますが
今回は衣類にも気を付けてほしいと思い動画にしました。

続きを読む 0 コメント

【副腎疲労】毎日のようにだるい・やる気がない・思考・集中力の低下

・無気力・無関心
・ベッドから起き上がれない
・集中力、思考の低下

これらは自覚があることで
似たような症状の「うつ」の場合は

自覚がないことで見分けます。


続きを読む 0 コメント

【疲れと健康】体に優しいアイスクリームの食べ方

夏のアイスクリーム、冷たくて

ガリガリ美味しいですね。


食べ過ぎるとお腹も冷えすぎるので

食べすぎには気をつけください。


太るから?

歯にしみるから?

ベロが青くなるから?

何故かと言うと


続きを読む 0 コメント

【疲れと健康シリーズ】なぜ、うとうとした後体が楽なのか?

電車などで、うとうとした後は

身体が楽な事が多いのはなぜでしょうか?


電車の揺れでしょうか?

ザワザワした音でしょうか?

背中に日があたりポカポカするからでしょうか?

人混みで安心するからでしょうか?

 

会社を離れたからでしょうか?

 



続きを読む 0 コメント

首を動かすと、ミシミシ音がする

首を動かして、ミシミシ音がする。何かがはがれるような感じだ。

という相談を受けます。

レントゲンでも異常が無い人もいるし、関節の間が狭くなっていると言われた人もいます。

首に異常があれば音がするのも解りますが異常が無いのに音がする?

寝違えをした時は痛みを伴いますが、ほとんどに人で普段音はするけど痛みはないという患者さんが多いです。

首を動かして違和感がある人は、

首を動かすとギシギシしたり変な音がする 

も合わせて読んでください。


続きを読む 0 コメント

首を動かすとギシギシしたり変な音がするのは?

首を動かしてギシギシ音がしたり 痛み以外にも

気になる症状です。

 

原因がはっきりしないと、「これからどうなるのか解らない」のが不安になりますよね。

考えられる原因は2種類

1.首の骨に棘ができる? ケースと

2.骨に異常が無いのにギシギシ鳴ったり、変な音がするケースに分けて考えてみましょう。

 


続きを読む

頭痛薬で頭痛がおこる?

頭痛に○○○○○○
すぐ効いて 胃に優しい とか
古いところでは
私はこれで、なおりた ガール  とか
ノー○ンさん とか
頭痛にサ○ドン とか
毎日TVCM出てます、それだけ困っている人が多いのでしょう
反面、良くなっていないと思います。

新田勇介医師によると


続きを読む

脳に異常が無いのに 頭が痛い

偏頭痛・頭の後ろが痛い 検査の結果

脳に異常が無い でも痛い


普段は、こめかみの辺りが痛み

後頭部が何日か前に痛んだという症例のお話です。


続きを読む 0 コメント

雨の日の頭痛

雨の日に頭痛が、、、

身体が重いなど身体の不調は、気圧の変化という意見もありますが
伝統医学的には、冷え症・身体が冷えている人がほとんどです。
天気予報の度に憂鬱になるよりも
積極的に身体を温めましょう。

頭痛の予防が身体を身体を温めること? 

と思われたかもしれません。

いつも薬飲んでいるから関係無いと思うのも自由です。

続きを読む 0 コメント

理由がわからない頭痛・首の痛み

マッサージをしても楽になるのは一日だけ 
ロキソニンも効かなくなってきた
検査で異常がない

どうしたらいいのか対処方が解らないと
不安になります。


続きを読む

脚が細くなる方法

患者さんから質問を頂きました。

「私の脚は細くなりませんか?」という質問を頂きました。

脚が太く見える理由は色々ありますが
その中でも今回骨のゆがみで脚が太くなるパターンの
理由と自宅でできる改善法を動画でお伝えします。

続きを読む 0 コメント

【動画】脚のむくみの改善方法

脚の痛みの程度に関係なく、むくみが見られる人がいます。

比較的むくみが軽い人向けのセルフケアの方法です。

 

イスに座って膝を曲げて膝を手元に持ってこれない方は

足でもう一方の足趾先を軽く軽く擦ってください。

末端の血流が良くなるので、身体全体に対して効果が期待できます。

温かくなりますので冷え症対策にもいいでしょう。


続きを読む 0 コメント

Q&A 梅雨の過ごし方

ジメジメした梅雨は嫌ですね。

患者さんから

「梅雨の快適な過ごし方」をご質問いただきましたので

お応えいたします。


続きを読む 0 コメント

脚の健康無料相談

大阪市/鍼灸整体に関する健康相談(無料)波鍼灸整体院

「立ち座りの時に脚が痛い」「歩き始めで脚が痛む」

「階段の上り下りがツライ」「正座ができない」

などの辛い症状で、整(接)骨院、整形外科、

マッサージ院、リラクゼーションサロンなどに

通っていても症状が良くならず

「年齢のせいだから」とか

「自律神経のせいだから」とか

「保険ではここまでしかできません」とか

「マッサージ院で専門の院に相談してください」

などとと言われて脚の症状をあきらめてはいませんか?


続きを読む 0 コメント

肩こりと眼精疲労

長時間同じ姿勢でいる読書や縫物、編み物などなど

肩こりの原因でもあり症状を悪化させます。
スマホや携帯、パソコンなど作業は、目を使うので肩こりだけでなく
眼精疲労も引き起こします。

 

肩こりだけでなくいわゆる猫背にもなりやすく猫背などの不良姿勢を続けると頚の筋肉まで硬くなり頭痛や睡眠の質の低下等の症状も出てきます。


続きを読む 0 コメント

【動画】腰椎と骨盤矯正と下腹部の引き締め

【動画】骨盤の歪み矯正と下腹部の引き締め

 

今回は

 

・骨盤の歪みが背骨にどのように影響するか

 

・自宅で簡単にできる改善法をお伝えします。

 

 


続きを読む 0 コメント

【動画】屋内での膝の運動 

大阪市鶴見区/波鍼灸整体院

雨天や真夏日の中、寒い日には屋外での運動はおこない辛いものです。

ましてや年齢を重ねられた方にはこたえます。

 

年齢的な問題だけでなく、 ケガのリハビリでも、重症の場合屋外での運動はしにくいものです。

 

また、妊娠中で体調や、安定期までの期間により

 運動が制限される方も居られますが

 

 

屋外での運動ができない時は、室内で出来る運動で

体力を落とさないように心がけましょう。

 

室内での運動法を紹介しています。

続きを読む 0 コメント

【動画】 楽な椅子からの立ち上がり方

【動画】安全で楽な椅子からの立ち上がり方 大阪市鶴見区/波鍼灸整体院

椅子から立ち上がる動作は、普段気にもかけずに

おこなっている動作の一つだと思います。

 

それだけ頻度が多いので膝が痛い方を初め身体を支える力が弱っている方は、少し意識を変えるだけで楽に立ち座りできると思います。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

動画 椎間板ヘルニアを防ぐ方法

椎間板ヘルニアの症状は人によってまちまちです。

 ヘルニアという状態は臓器等、器質的な人体の一部が

 あるはずの場所から逸脱したり、突出することをヘルニアと言います。

続きを読む 0 コメント

逆流性食道炎の養生法

胸やけ、胃酸が逆流してくる、胸がつかえる、せき

続きを読む 0 コメント

【動画】 ぎっくり腰予防法

年末年始と「ぎっくり腰」の患者さんが多く来院されました。

 忙しい時期と、この冬の寒さが身体には負担になったのでしょう。

 ぎっくり腰になりやすい体調は

 ・ 睡眠不足

・ 食べ過ぎ

・ 長期間の過労

・ 運動不足

・ 突発的に身体のバランスが崩れた時等です。

 


続きを読む 0 コメント

O脚とエクササイズ

「O脚になっていくのが嫌です」

「防ぐ方法は有りませんか?」

 

と、患者さんから質問を受けました。

 

年齢的な事もあり20代の脚には戻れませんんが

 

進行を遅くすることは可能です。

 

 

0脚にも大きく分けて3種類があります。

 

1. 骨盤が開いてしまい、下肢全てが外を向く「ガニ股」ですね。

 

2. 膝から下だけが捻じれるタイプ

 

3. 股関節が中に入る(太ももがX脚の様な感じ)で膝から下が0脚のタイプ

 

 

赤ちゃんはお母さんのお腹の中で丸くなっている影響で

O脚になっていますが自然な状態なので心配有りません。

 

 

大人で事故や先天的に問題が無く

脚の筋肉が弱ってくるとO脚などになってきます。

 

仰向けに寝てご自身の足首から先が外に開いている時は

 

O脚かがに股になっていると思います。

 

動画でO脚の説明とエクササイズを紹介しています。

 

続きを読む 0 コメント

冷え症対策 足湯

足湯は冬場だけでなく

 

クーラーによる冷え症の方にも有効なので

 

足先が「冷えて眠りにくい」方や

 

「お腹の調子がいつもよくない」方は

 

季節を問わず続けて頂きたいと思います。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

二便(にべん)

今日はトイレの日 11月(いい)10日(トイレ)です。

 

トイレにちなんで二便 ”おしっこ” と ”うんち”

 

今回はうんちのお話。

 

 

何時もご覧になっていてくださる皆さん、

 

美健推拿整体学園のアメブロ記事から

 

おこしの方ありがとうございます

 

 

うんちのお話、便通に関しての症状で一番多いのが便秘です。

 

便秘かどうかは下剤を使わない自然な状態で

 

3日間便通がない状態と考えています。



下痢については風邪ひきの時や体に害になるものを排出する

 

作用もあります。


またストレスによって便秘と下痢を繰り返す場合もあります。

 

便が出ない期間があまりにも長い。

高熱を伴う激しい下痢。

普段の不調とあまりにも違う時は発症してからの経過、排便の傾向を

メモして主治医の先生に相談してください。

 

感染や腹部の不快感を伴う病気がなく調子が良くない時は、

 

はり・きゅう治療の出番です。

 

体調を整えるとお薬も効きやすくなりますので

早く楽になる方が多いです。

 

排便傾向はブリンストル便状スケールを参考にしてみてください

 

続きを読む 0 コメント

膝に水が溜まっている? 自分でできる検査法

膝の構造 大阪市鶴見区波鍼灸整体院

簡単な膝について説明しますと。

 

膝周囲の骨は4個あります。

 

1.太ももの骨

2.弁慶の泣き所がある むこうすね

3.膝の外側にある腓骨

4.お皿

お皿は自由に動きます。

 

 

 

 

膝は大きく曲がる関節なので不安定な関節

 

不安定な関節を筋肉と靱帯(じんたい)で支えています。

 

続きを読む 2 コメント

力士はなぜ四股を踏むのか? 

力士はなぜ四股を踏むのか?  工藤隆一著

 によると

「相撲は重心の低さが大切で

単純な力比べではなくバランスの崩し合い」

 重心を低く安定させる為に四股(シコ)を踏んでいるのだそうです。

 

四股(シコ)脚を片方ずつ交互に上げて降ろす運動。

 さっそく、四股をふんでみました。


続きを読む 0 コメント

高齢者のはらいた

 

 

腹痛も種々ありますが

今回は高齢者の腹痛について

紹介します。

続きを読む 1 コメント

体の歪み 正しい姿勢とは?

  正しい姿勢とは?

 

 

  美しく見える姿勢。

  スタイル良く見える姿勢。

  礼儀や作法通りの姿勢。

 

 

色々ありますね。整体や医療関係の正しい姿勢でよく見かけるのは 

 

・背骨が伸び、あごを引いた姿勢が正しい姿勢

・横から見ると重心線は耳から体の中心を通り、脚から離れず踵まで通る。

・両肩を結ぶ線は床に平行になり、鼻とヘソを結ぶ線は床に垂直になっている。

 

理想的だと私も思います、思いますが自分ではこの正しい姿勢を

継続できそうにありません。

 

 

利き手、仕事で長時間続けなければならない姿勢、テレビの位置や携帯の操作等で同じ仕草を続けてしまう・・・

他にも沢山、正しい姿勢を妨害する要素がありそうです。

その度に正しい姿勢は崩れてしまいます。

 

正しくない姿勢とは?

猫背、足を組んで座る、横座り、前かがみで椅子に座る等々数え切れません。

 

 

 

では何故?正しくないと言われる姿勢になってしまうのか。

 

人体の筋肉には「体を動かす筋肉」「姿勢を維持する筋肉」があります。

 

「体を動かす筋肉」は名前の通り、仕事やスポーツ等で体を動かしたり、携帯等の操作を行う筋肉です。

「姿勢を維持する筋肉」思った所へボールを投げたり、蹴ったりできるのは簡単に言うと、反対側の手足で踏んばったりバランスを撮ったりしているから可能なのです。

携帯の操作でも腕がしっかりしていないとちゃんと操作できそうにありません。

地味な働きですが姿勢が維持できないと私達は自分の意思通り動くこともできません。

 

正しくないと言われる姿勢になるのは主にこの「姿勢を維持する筋肉」が収縮といって硬く、動きが少なくなった為にアンバランスのまま姿勢が固定された状態だといえます。

 

先程、正しい姿勢を続けられない理由を書きましたが、正しいと言われる姿勢の人は、

利き手が無いのでしょうか? 

仕事はしているのでしょうか?

運動や携帯などしてないのでしょうか?

 

左右両方の手が使える方はおられますが、生きていれば何かしているはず。

その度に正しい姿勢でいる事はできません、正しいと言われる姿勢の人はきっと姿勢が一時的に歪んだりバランスが崩れても姿勢を立て直す事が上手なんだと思います。

 

バランスをとるのが上手い人、運動能力が高い人は姿勢が正しいのか?

患者さんを診ていても運動能力の高さと姿勢は関係がありそうですが必ず正比例だとは思えないです。

 

正しい姿勢と言われる人は何故そうしているのでしょうか?

私も自分の姿勢に自信がある訳ではありませんが

 

正しいと言われる姿勢をした時は、体が楽なのです。

 

 

私は「正しい姿勢とは体が楽な姿勢」ということができると思います。

 

 

では、何故バランスをとるのが上手なのか?

バランスをとるのが難しくなってしまうのか?

当院での姿勢の改善や骨盤矯正に対する考え方など紹介します。

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

急性腰痛の応急処置

Q. 急性腰痛の応急処置はどうしたらいいですか?

 

 

 

A. 突然の痛みは耐えがたいものです。スグ痛みを抑えたいのところですが

 

痛みにも種々の原因があります。

 

 

 

急性腰痛で一番多いのは筋肉の急激なケイレン(それに伴う筋肉の部分的な損傷)解りやすくいうと筋肉の傷がもとで炎症を起こし痛む場合です。

 

 

 

この時身体は炎症を抑えたり傷を治そうと消炎物質を患部周囲に送り込んでいますその為に腫れてきたりします。

 

 

 

他に急に腰の痛みを出すものに腰椎関節や神経的な損傷(すべり症、分離証)があります、これらは骨や関節の構造に異常があったり、神経を刺激することで痛みをだすと考えられています。

 

痛みの種類で治療内容が変わりますが応急処置は共通して

 

1. 安静(痛みの少ない楽な姿勢をとる)

 

2. 患部を冷やす

 

3. 患部を触らない

 

以上の3つは必ず守るようにしてください。

 

1.安静 

 

筋肉性の急性腰痛でも骨、関節制の急性腰痛でも、痛みの少ない姿勢をとり痛みの悪化を防ぎましょう。

 

2.患部を冷やす

 

患部は熱を持ってきますので急性腰痛の場合冷やします。

 

氷嚢で冷やすよりも痛む箇所をピンポイントで冷やす方が効果的なので冷シップを使って冷やしましょう。湿布を凍らせておいても良いです。

 

3.患部を触らない

 

痛い時はどうしても患部に手が行きます。

 

強く押したりすると筋肉性の急性腰痛では筋肉の損傷は押圧で悪化(いわゆる揉み返し)するだけでなく治療後も押圧したところだけが痛みが取れずに残ってしまいます。

 

また骨・関節、神経性の急性腰痛では骨・関節、神経そのものが損傷しかねません。

 

軽く押さえたり擦る程度にしておいて来院ください。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

正しい鼻のかみ方

 

 

ここ数年花粉症でお困りの方が非常に多く来院されます。

子供さん達の間でも花粉症が多いと聞きました。

 

花粉症の症状は大人でも辛いですが、多少の時間は我慢できたり、気を紛らわせたりできますが、お子さん達では我慢できずイライラして勢いよく鼻をかんでしまったりすすったりしてしまうのではないでしょうか?

 

誤った鼻のかみ方で副鼻腔炎などのにならないようお子さん達にも、「正しい鼻のかみ方」を教えてあげてください。

 

 

~正しい鼻のかみ方のポイント~

 

・鼻は片方ずつかむ。その時反対側の鼻を押さえる。

・口からしっかりと息を吸ってから鼻をかむ。

・ゆっくり、すこしずつ鼻をかむ。

・最後まで強くかみすぎない。

 

特に小さい子どもさんは鼻をかむこと自体大変むずかしいものです。

両親が、片方のはなを押さえてゆっくり・少しずつ鼻をかむことを

教えてあげてください。

 

 

両方の鼻をいっしょにかむと細菌やウイルスが含まれている鼻汁が

鼻の奥のほうに追いこまれ、副鼻腔炎になることもあります。

 

力まかせにかむと鼻の中が傷ついて鼻血が出たり、耳が痛くなることもあります。

 

中途半端にかむと鼻汁が残るとその中で細菌やウイルスが増えてしまいます。

 

鼻くそを無理に指やティシュ等でかき出すと、粘膜を傷つけて鼻血が出たり、傷から細菌が入って感染してしまうことがあります。

 

鼻をすすると鼻汁(鼻汁の中には細菌やウイルスが多い)が鼻の奥に入ったり、耳にまで達して中耳炎の原因になることもあります。

 

 

鼻が詰まっていたり、水鼻が止まらない時はと大人でもついつい強くかんでしまいがちです。

 

鼻や耳の事を労わりながらスッキリしてください。

 

0 コメント

膝痛もマッサージで・・・

先週は、うつ伏せで腰や肩、背中のマッサージを習いました。

今度は仰向けで「膝」のマッサージです。

 

 

膝は、立ったり歩いたりする時に

体重がかかるので、負担が大きく、

痛みが出やすい部位です。

 

痛みがある時は、熱を持っていることが多く、

温めると悪化してしまいます。

 

普通、マッサージをすれば、温かくなってしまいます。

今回教わった手技では、

温めないで筋肉をほぐし、痛みを和らげるというものでした。

 

実際患者さんからも、

「腫れが引いた」

「痛みがだいぶ楽になった」

等の声を耳にします。

 

 

痛みの出やすい部位、変形の起こりやすい部位に

適切な手技をすることで、

マッサージでも

大きな治療効果が生まれるということを教えてもらいました。

 

 

橋本

 

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

もし交通事故にあってしまった時の対応は

交通事故にあってしまった場合は、まず

警察に連絡しましょう。

 

被害者・加害者の認定ができず後々

トラブルになるケースも多いようです。

双方のためにも必ず確認しましょう。

 

続きを読む 0 コメント

筋肉痛と関節

運動会やスポーツが心地よい季節です。
筋肉痛が起こると節々と身体の動きが硬くなり、
つまづいたり、捻挫等ケガの発生率が高くなります。

慢性的に運動不足の方は関節の変形をおこしやすく、

痛みや運動制限など症状を悪化させます。
     

続きを読む 0 コメント

膝痛の前兆

膝の痛みの前兆 大阪波鍼灸整体院

膝が痛くなったり調子が悪くなるにも前ぶれがあります。

 

太ももの筋肉が痩せてきた、左右で太さが違う

膝自体や膝のまわりが赤くなっている

膝を触ると痛い


続きを読む 0 コメント