腰痛・ぎっくり腰

波nami鍼灸整体院 ぎっくり腰

腰は身体の要といわれるように、腰を痛めるとスポーツや日常生活にまで支障をきたすようになります。

 

軽度の腰痛だと思って我慢していると、悪くなることはあっても、良くなることはなかなかありません。

 

腰に不調を感じたら、できるだけ早くに来院してください。

 

早期に処置しておくと痛みが軽くて済みまた長引かなくて済みます。

軽い腰痛を我慢したり、放置していた人が、ふとした瞬間にぎっくり腰となります。

 

ぎっくり腰になってしまうと、痛みが強烈でしかも治るまで時間が必要になります。

◎ぎっくり腰 -突然の腰痛にマッサージをすると悪化します-

ぎっくり腰は 大阪市鶴見区放出の波nami鍼灸整体院へ

 

ぎっくり腰は、筋肉の損傷によって起こる急性の

炎症症状です。

 

決して、直接押したり・マッサージなどは

しないでください。

 

当院の治療では、痛む患部を直接的に治療

するのではなく中国医療の「経筋」という

(筋肉は連動連動するという考え方)をもとに、痛みの起こっている場所と

関連のある筋肉を全体的に弛めることによって患部に対するアプローチして

患部を悪化させず治療をおこないます。

ぎっくり腰の起因

ぎっくり腰というのは、軽度の腰痛を放置していたり普段使わない腰の筋肉を

急激に使うことによって起こります。

 

その他、食事の不摂生 や風邪などの他のストレスに体がおかされ、

腰の筋肉をうまくコントロールできなくなっている状態で腰を動かした際に起こります。

 

ぎっくり腰といえども、それが起こった原因を把握した上で治療を施すことが大切です。

 

また、腰を安定させるために、骨盤をコルセットのようなもので固定することも大切です。

ギックリ腰 ご自宅での過ごし方

~コルセット~

コルセットを巻く際に腰を締め付ける方が多 いのですが、腰よりも骨盤を固定したほうが、腰が安定して効果的です。

 

~就寝時に気をつけていただきたい事~

寝る際は、上や下を向かず、腰を丸めエビのように

横向けのポーズをとっていただくと腰への負担がかかりません。

右向きか、左向きかは楽な方で寝てください。

 

ぎっくり腰になる前は時間的な寝不足、若しくは睡眠の質が低下していたと思います。

睡眠もぎっくり腰の治療の一部です。

 

痛みが強いとは思いますが、極力安静と睡眠を心がけてください。