32才~35才の働く女性は必見です。姿勢を着替えてみませんか?

姿勢を着替える?

姿勢を整えるストレッチ!   歪み・たるみ改善エクササイズ! 

 

健康雑誌や日経ヘルス等でも、毎月、毎週おなじみの見出しが目につきます。

 

それだけ問題解決の情報があれば、「姿勢改善」や「歪み」「たるみ」で困っている人は

いなくなっているはずなのに・・・

 

このページでは、

 

・エクササイズをおこなうタイミング

・身体のの歪みは最終的には猫背に

・猫背のタイプ

・身体の歪みチェックと危険度

 

を紹介しています。

健康雑誌などで紹介されている内容は、まちがっている?

雑誌などで紹介されている内容は、コ・ト・ゴ・ト・ク

間違っています。

 

何が間違っているか?

 

答えは簡単

 

 

タイミングが間違っているのです。

歪みをリセットしてから実行して欲しい

右利き左利きがあるように人それぞれ、身体を使うクセがあります。

お仕事や趣味など生活習慣でも身体の使い方は違ってきます。

 

それは「歪み」や「たるみ」の原因も歪みのタイプ違いをご自身で把握していないと

せっかくの問題改善のエクササイズやストレッチも無駄になるばかりでなく

 

あなたが費やした時間が無駄になってしまう

 

ですから雑誌などで紹介されているコンテンツは

一旦、歪みなどをリセットしたり、軽減させてから自宅などでおこなう

内容なので「間違っている」と思うのです。

 

 

全ての歪みは「猫背」になってゆく

O脚・骨盤矯正・美脚・ポッコリお腹etc ・・・

 

これらは体のパーツでおこった問題です。

人の身体はお互いに影響し合っているので

 

足元の歪みは腰から上半身へ

上半身の歪みは腰や股関節から膝などの下半身に影響します。

 

太ももの筋力が弱まると、軽く膝を曲げて歩くようになるので

骨盤が前に傾きお尻を突き出したようになります。

 

その代償として背中を曲げて身体のバランスを取ろうとして「猫背」になる

 

これはねこ背の原因の1例ですが、人は縦長で上部(頭)が重いので

元々アンバランスなのです。

 

人によっては、ねこ背(前後に歪む)か側彎症:そくわんしょう(左右に歪む)として歪むのです。

ねこ背と側彎症の両方の歪みをお持ちの方も居られます。

 

猫背のタイプ

背中全体を丸めるタイプ

背中全体を丸めてしまう「猫背」のタイプ

 

元々脊柱は胸の高さでは背中側に曲がっています(生理的後彎)

その後彎(こうわん)が大きく曲がった状態です。

背中でおきた猫背という言い方をする時もあります。

 

背中での歪みを改善症と腰がお腹の方に

沿ってしまう場合もあります。これが「出っ尻」です。

 

お腹を上にして寝る(仰向け)の状態で腰に手を入れると

手の出し入れが自由にできると腰が反りすぎていることが

考えられます。



肩関節を前に突き出す猫背

肩関節が前に突き出ている「猫背」のタイプ

 


胸についている

大胸筋(だいきょうきん)や小胸筋(しょうきょうきん)が

硬く肩関節を胸に引っ張っています。

 

胸の下、横隔膜(おうかくまく:呼吸に関係する)のところを

中心に前かがみになりやすく呼吸も浅くなりがちです。

 

 



頚を突き出す猫背

頚だけを前に突き出すタイプの猫背

 

パソコン画面などを覗き込む時に

ついついやってしまう姿勢です。

 

「頚を前に突き出すタイプ」と

「顔と顎を突き出す」タイプがあります。

 

頚の凝りや筋肉が硬くなりすぎると

後頭部に頭痛がおきやすくなります。

 

顔を突き出し顎が上を向くと、ものを咬む時に使う

筋肉にも悪影響がでるので、頭の横、耳の上辺りに

頭痛をおこす事もあります。

 

 



頚が短く見える猫背のタイプ

頚が短く見えるタイプの猫背

 

このタイプの方は3種の歪みの複合タイプ

「頚の猫背」「いかり肩」「肩が前に突き出る」

身体のクセで頚が短く見えてしまいます。

 

写真の方は軽く傾向があります。

それでも、頚が長くなっているのが解ると思います。

 

「いかり肩」は呼吸が苦しい時にしてしまう身体の表現です。

元気な人でもスタミナが無い等の基本的な体調の方が

多いでしょう。


身体の歪みと危険度

思い当たるものにチェックをいれてください

 
高い枕でないと眠れない
身体を横向きにして寝る
集中している時、息苦しい時がある
頚の後ろが凝る
時々後頭部の頭痛がある
誰かが背中に乗っているようだ
写真撮影時アゴを引いてと言われる     
デスクワークをしている
ノートパソコンを使う事が多い
携帯やゲームをする時間が長い
胃の当たりに圧迫感がある
腰の外側が痛い時がある
天井を向いて寝ると腰に手が入る
お腹がポッコリしているような気がしてならない
お尻が出ているような気がする
股関節の前が張っている
太ももの後ろが張っている
膝が伸ばしにくい
ふくらはぎが張っている
よくつまずく
姿勢が悪い・猫背と指摘される

誰かが乗っているようだ?

この項目以外は多いほど猫背が身体に影響しています。

 

不良姿勢から本来の姿勢に着替えてチェック項目を一緒に減らしていきましょう。

歪みをとる整体との違い

当院でも整体で身体の歪みは整えていました。

今回紹介して居ります猫背矯正法は体の歪みを体系付けて改善し
姿勢を良くなっていただく事を目的としています。

 

痛みを摂るための整体では無く身体の姿勢を良くすることで

身体本来の機能を取り戻す整体です。

 

「姿勢を着替える」を実感していただけたらと思います。

 

 

なおこの猫背整体はこのページもしくは当院のブログを診られた方のみ

受け付けております。

 

お申込み時には

「猫背矯正をお願いします」とお申し出ください。